概要

ぱちんこ情熱リーグとは(理事長挨拶)


NPO法人 ぱちんこ情熱リーグ
理事長 吉原 純浩


ぱちんこ情熱リーグは2009年の活動開始から7年が経過し、過去6回行われた大会における累計参加店舗数は約1,600店舗になります。

多くのパチンコホールとそこに携わる方々が、置かれた環境は違えど目の前のお客様や一緒に働くスタッフのために考えて行動し、成果を創出する姿は業界内外の多くの方々の感動を生み、明日への希望と意欲につながったと自負しております。

一方で、遊技人口の減少や競合他社との過当競争に加え、高射幸性遊技機や「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」の回収問題で、業界は大きな変革を迫られています。出玉イベントや遊技機に依存した従来型の営業が限界に近づく中で、一人ひとりのスタッフが持つ力を集結し、チームとしての組織力を最大限に活用することこそが、お客様満足度や従業員満足度、そして業績向上のために必要とされています。

ぱちんこ情熱リーグは『共に実践、共に感動、共に成長』という理念のもと、より多くの方々の共感を頂きながら、これからも現場で働くスタッフたちが輝ける場を提供し、企業の垣根を超えて学びと気付きを共有することで、この業界の明るい未来を想像して参ります。

ぱちんこ情熱リーグ参加店舗のメリット

①本大会に参加し目標を持ち取り組むことで、刺激になり企業が活性する。
②調査結果から自社の強みや弱みを把握でき、課題や問題点が明確になる。
③全店舗のランキングが出ることで、自社のレベルの確認とベンチマークという学ぶ姿勢が企業内に根付く。
④参加店舗同士の交流が発生し、情報共有が出来る。
⑤決勝大会では全国に向けてプレゼンテーションができるという「かけがえの無い経験」が出来る。
⑥決勝大会へ進むと店舗プロモーションビデオの作成がされる。
⑦サポーター企業からの提案を受けることが出来る。

以上の点から、目標を持ち刺激を受け、評価を得る事により、
企業が活性化し、業界の仲間と共に成長ができると考えています。


ぱちんこ情熱リーグの趣旨

●ぱちんこ情熱リーグの理念

 

パチンコ店全体が、共に力を合わせ、共に成長していく。
「ライバルに勝つ」事が当たり前とされる競争風土の強い今までのパチンコ業界に新しい共生風土、「共に成長」する価値観が定着した時に働く人の情熱がお客様の心を捉え、新たなパチンコ業界の歴史が始まります。
このプロジェクト『ぱちんこ情熱リーグ』が、パチンコ業界の新しい文化を創造し、未来に大きな影響を与えていく。
まさしく、「店舗で働く人の情熱が業界を変える。パチンコ業界の歴史を変える」のである。
これが、ぱちんこ情熱リーグの目的であり、プロジェクトである。


リンクについて

ぱちんこ情熱リーグはご賛同頂ける方々の、ホームページへのリンクを歓迎致します。
一緒にぱちんこ情熱リーグを盛り上げていきませんか?
リンクをしていただく際、下記の注意事項をお読み頂きまして、ご利用いただけるようお願い致します。

(1)リンク先URLについては、原則としてぱちんこ情熱リーグウェブサイトホーム
http://p-jounetu.org/」とさせていただきます。

(2)リンクの際にバナーを利用される場合、以下に掲示するバナーをご利用ください。

バナー・大(234×75)



バナー・小(150×48)